真剣に飛ばしを考えてみた③

「真剣に飛ばしを考えてみた③」前回の力を出すためにフォーカスしたところについて、もっとはっきりとした感じを出すためのヒントの一つを、伝えてくれていると思います。特に私は、仕事柄、金づちを毎日使っています。振り子のように左右対称で釘なんか打ちません釘を打つための力の入れどころは、分かっているはずです。「その感覚をゴルフに利用して見ようよ」ということだと感じました。今回の投稿を読んで、今までなんとなくとしか、感じていなかった打つ感じが、はっきりと、金づちで釘を打つ感じとして、感じることができました。釘を打つのが得意ではない人にも感覚のつかみ方も伝えてくれています。人それぞれ、得意な感覚があって、どうとらえるかは、その人のやってきたことに置き換えられると藤本博士は、仰います。私は、金づちが、ぴったりでした。この感覚を大事にしていきたいと思います。皆さんは、どう感じ、どう感覚をとらえましたか?読んだ感想、お待ちしております。

真剣に飛ばしを考えてみた③09132016昨日は、何しろ必要な所で力を出せるようになろうという話でした。でも、一か所に力を集中させるにはコツがいるのです。その話を少ししましょう。さて、手始めに、どちらがボールを飛ばすために必要な力が出ると思いますか?① 振り子のように左右対称でスウィングする?② 金づちで釘を打つように叩く?スウィングを形で説明すると、しばしば「左右対称の振り子」みたいな説明をされますが、実はこれではインパクトに力打集中し得ないのです。切り返しで力を使い果たしちゃう。アマチュア・ゴルファーに多いのがこのパターン。とてもとても大切なインパクトよりも前にたくさんのやることが存在するから、まずはそちらに意識が行ってしまう。そして、意識をしたところに強さが出やすい。ましてや、セットアップできちっと静止してからスタートするものだと言葉で理解して、本当に静止している人はなおさら動き出しと切り返しで力を出しちゃう。そう、全体をどんな感じでスウィングするのかというのを間違うと、動きとして全く機能しないものになってしまうのでとても大切な要素なのです。そして、全体のイメージを間違うと、一生報われない努力をすることになってしまいます。結果的に、ボールを飛ばすという意味合いでは、全く有効な力を出すことが出ないのですが、本人は力を相当入れている気がする。だから、どこで力を入れようか?本当に必要な所で力を出せているのかを感じられるという事は、「上手く当たった!」とか、「上手く飛んだ!」という事よりも大事なのです。もうわかりましたよね?そう、答えは②の「金づちで釘を打つような感じ」です。そして、人間の体というよりも脳のコントロール機能はとても良くできていて、動きを通じて、力を入れるところを明確に指定すると、他で余計な力を入れないのです。ミスショットをすると、「力が入りすぎだよ!」と善意のアドバイスをする方がたくさんいらっしゃいますが、それは大きな間違い。本当は、「力を入れるところを間違ってるよ!」=「インパクトで力を入れる意識をしないとだめだよ!」という事なのです。なので、チャー・シュー・メーンは明らかに悪いイメージなのです。どうしても「麺」を使いたいなら、インパクトに向かって、一息で「メーン!」ですかね。或いはテニスみたいに「スパーン」とかも良いですね。最初は、「スパーン!」って気持ちよく当たっていなくても力を出せていればよいのです。力を入れる感じが捉えられれば、それでよいのです。ちゃんと、それでボールに当る方法をお伝えしますから。そして、その後から意図したところに飛ぶようにする方法もお伝えしますから。何よりもまず、関係ないところで使い果たしちゃっている力を、必須な所で出せる感覚を身に付けないとね!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA